top_sakata
 April 2017 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

安曇野のまいにち

新しい町でのくらしの記録

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 

白い世界がやってきた

今年の冬はあったかいなあーとゆるゆる過ごしていたら…



どかーんと!




やってきた!!!




まっ白な世界。



蜘蛛の巣まで凍ってる!!


やっぱり冬はこうでなくっちゃねー。

山歩き、しといてよかった。





 
[安曇野のまいにち]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

光城山 山歩き

家から来るまで15分ほどのところにある光城山を歩きに行って来た!



整備された登山道の両脇には桜が植えられてて、桜咲く頃の山は登山客で大にぎわいのはず。その桜の木ごしには、北アルプスが見えるよ〜。




かなりの古木。




ところどころに、丁寧にこんな札があって、ふむふむなるほど…と感心したり…




切り株のなかからのびてる植物に見とれたり。



ヤドリギマンションを発見して興奮したり、はたまた野鳥の声に聴き入ったり、姿を探してあちこち見上げたり。
そんな感じで休み休み登って行くと…




登り始めて40分ほどで、視界が開けてこの眺め!我が家も見えたよー!!

この眺めを見ながら、さてさてお昼。



持ってた道具で山ごはんの練習。お鍋にしてみたよー。食後のデザートとコーヒーもね。




帰りは違うコースをスタスタと。あっという間に30分ほどで登り口へ。
お手軽お気軽な軽登山。また行きたい快適なお山です。












 
[安曇野のまいにち]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

新年のたる

1月半ばの連休に、たるに会いにいったよ〜。



このしとはいつどこでみてもかわいすぎる。


従妹のウィペットのナラが来てくれたので…




みんなで一緒に土手散歩。






気持ちいい青空のなかのお散歩。




いい日だった。





 
[たる]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

三九郎

1月9日の土曜日の朝。うちの前のひろーい田んぼでは「三九郎」の準備が始まったー!
「三九郎」はこのあたりの地域の豊作祈願の行事で、お正月飾りやだるまや縁起物を燃やして、お正月の神様を天高くお送りするというもの。



木や笹で骨組みを作るのは大人たち。




玄関先に出されたお正月飾りなどを集めてきたものを、燃やすもの燃やせないもんを仕分けるのは大人と子どもも一緒に。
その後、骨組みに飾ってくの。




子どもたちも飾りつけのお手伝い、めっちゃ楽しそう。




凝り出すとやめられない子どもたち、この後も延々飾りつけしてたよ〜。だるまさんの上にミカン置いてみたり。導火線を加えてみたり。




点火は夕方。その頃にはあぶって食べる繭玉団子も用意されて、わいわい楽しく盛り上がるはずー!

夕方は残念ながら他の用事があって見れなかったけど、にぎわいは目に浮かぶよ〜。

この春で2年間任期の地区行事の役員さんが終了。ちょっと大変なこともあったけど、そのおかげで地域の人たちとも知り合えたし、行事の準備などでこの土地の文化にも触れれたし、いろいろ実り多かった。役員さんたち、いい人たちだったし、今では終わるのがちょっと名残惜しいかなー。引っ越して来て間もなくまわって来て初め戸惑ったけど、早めにやってみてよかったかもー!



 
[安曇野のまいにち]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

今年の飾り

お正月飾りをなんも用意してなかったことに気づき、屋久島への出発の前夜、あり合わせのもんで作ってみた…。



なーんちゃってお飾り、かみさま怒らはらへんやろか…。

かみさま、適当ですんませんです!





 
[安曇野のまいにち]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

屋久島でお正月 〜屋久島の食

今回の旅、年末年始休業のお店が多く、旅館以外のお食事どころを見つけるのがちょっと難しかった。行ってみたかったお寿司やさんもお休みでめっちゃ残念。でもでもいくつか楽しめた屋久島の味。



なんどかお目にかかったトビウオの唐揚げ。パリッパリで羽根もバリバリいけちゃいます。




サバも脂のりのりでめちゃうま。




特産品らしいウコンの入った、鹿肉カレー。あとで会ったヤクシカさんたちには、思わずごめんねありがとうと…。





たまたまお昼に入った店、安房港の近くの「屋久どん」。



あごだしたっぷりのおうどんはたまらなく優しくじんわり美味しかったのでした。




特産のたんかんジュースも美味しかった!透明なほうは、屋久島焼酎入ってます。




食べてみたかった屋久島のお寿司、噂に聞いてたぶり鍋。ハードなため訪問しなかった縄文杉。ウミガメにも会ってみたい。違う季節の屋久島も見てみたい。心残りがいくつか。いつかまた訪問できたらいいなあー。

屋久島で出会った屋久杉やコケやガジュマルや海や…。目を閉じたら心に広がるー!深く刻まれたこの気持ち、ずっと余韻を楽しめそう。義父母と4人の珍道中、いろいろと思い出深いいい旅だった!


 
[]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

屋久島でお正月 〜屋久島の海



永田浜。夏にはウミガメさんたちが産卵にやってくる浜。








流れ着いたものたち。近いんだねえ。




東シナ海!
向こうに見えるのは、口永良部島。
かすかに噴煙が見えてる。はやくおさまって、元通りの生活が戻って来ますように。




水平線に沈む夕日を見てみたかったー!




島の東部、安房港近くの海岸の砂はこんな感じ。




岩場の海水、めっちゃきれいーーー!!










 
[]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

屋久島でお正月 〜屋久杉訪問と西部林道

2日はあいにくのお天気。でもせっかくなので、屋久杉さんたちに会いに、ヤクスギランドへ。



「ランド」と名前があるので、もっとアミューズメントパークのイメージだったのでびっくり。ピカピカきらきらしていない、そのままの森、かなりの見応えたっぷりな見学コース。歩きやすいように整備された敷地内は、踏み荒らされないような植物たちへの保護、配慮にもなってるんかも。




世界遺産になる前は、じゃんじゃんと屋久杉が切り倒されてたらしい。産業のために人の手によって切り倒された後の切り株に、新たに種が落ち芽が出て育って大木になっていくという屋久島の自然独特のかたちがあちこちに。ここでもビロードのような苔が一面覆っていて、みずみずしく満たされてくような空間。




ここでもところどころにヒメシャラが。庭に植えられてるヒメシャラと同じとは思えない色とかたち、野性的でダイナミックで生命力にあふれてる!



根っこもこんなん!




こちら。仏陀杉。推定樹齢1,800年!!
森の守り主のよう、静かな存在感で、森の奥にどっしりと。

ヤクスギランドを出てさらに車で15分ほどあがっていくと…




こちらは紀元杉。
標高1200mの林道沿いにそびえてた。高さ19.5m、推定樹齢なんと3,000年!!!
表面には、ヒノキやらナナカマドやら、12種類もの植物が芽を出し大きく育ってるそう。母なる大地、いや母なる大樹!




紀元杉からこれまた少し上がった林道沿いにあるのが、この川上杉。
川上さんが発見したのでこの名前がついたそう。てっぺんが霧に煙って見えない感じ。

元旦の、晴れの日の森もよかったけど、この日の雨の森も、さらにみずみずしくて緑が鮮やかで、まさに屋久島のイメージそのものの生命力にあふれていてすごくよかった〜〜!!!




さてさて、このあとは雨の中ドライブ。
海沿いの道をぐるっと島を一周。一周は100kmちょっと。




日本の滝100選のひとつ、大川の滝。88mの落差だってー!滝壺のそばまで行けるらしいけど、濡れてて滑りそうなので断念。



島の南部には、ますます南国っぽいヤシの木や色鮮やかな花が咲いていて、同じ島の中でも少し気候が違う印象。
山のかたちやら植物の種類とか、どこかアジアの島に来てるみたい!




地元のおっちゃんの趣味の店っぽい、カフェ&ショップでは「屋久杉の赤ちゃん」販売してた。



お店の庭にはパッションフルーツがたわわにー!


すごく興味深かった、西部林道。



この道は、夕方5時から朝の7時まで通行止めなんだって。うっそうとしていて、車1台分の道幅、対向車が来たらどないしようとドキドキ。

この道で、どうしてもあいたかったしとたち。



ヤクシカさんたちと…




おさるさんたち。

たっくさん会えたよ!




あとで見つけたこんな看板。




雨の屋久島灯台。今はもう使われてないらしい。




明治30年に建てられたというこの灯台、窓や装飾の感じも当時のまま。このガラスブロック、すごくいいーーー!!






晴れてたらきっともっと青いはずの海。でも雨の風情もなかなか!












 
[]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

屋久島でお正月 〜白谷雲水峡



新年を屋久島で迎えました。
雨がとっても多いという屋久島だけど、元旦はこのお天気!1日中雨に降られずラッキーラッキー。
早速「白谷雲水峡」へ。緑に包まれるに向かいました。



山歩きの準備をして、せっせせっせと登ります。
初めからけっこう急なとこあり、足ぱんぱん。






んもう、みずみずしくて新鮮な緑がたまらない、いろんな苔がたっくさん。
世界には140種類の苔があって、そのうちの約半分、70種類が、屋久島には生息しているとのこと。おもしろいなあ〜。苔の魅力にやられた!!



左上のオレンジ色っぽいのはヒメシャラだって。森のあちこちで目立ってた。
その下の、長めの苔は、ヒノキゴケ。



だいぶこの登りにも慣れて来た。ずんずんと登って…




宿で用意してもらったおにぎり弁当でお昼。かなりのボリュームで、元気回復!




目標地点の『苔むす森』。「もののけ姫」のモデルになった森。
もっとずっとたたずんでいたかった、神秘的で深い深い緑色の森。ここまで来れてよかった!!




なかなか見応えたっぷりの白谷雲水峡。
大好きな緑色の森に包まれて、とてもいい時間だった〜〜!!


 


 
[]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

麦秋



麦畑が色づいた!




たるがどこにいるかわからなくなりそうな季節。



 
[安曇野のまいにち]
comments(0) : trackbacks(0) :  :