top_sakata
 December 2018 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
SEARCH

安曇野のまいにち

新しい町でのくらしの記録

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[-]
- : - :  : 
<< 今年の飾り : 新年のたる >>

三九郎

1月9日の土曜日の朝。うちの前のひろーい田んぼでは「三九郎」の準備が始まったー!
「三九郎」はこのあたりの地域の豊作祈願の行事で、お正月飾りやだるまや縁起物を燃やして、お正月の神様を天高くお送りするというもの。



木や笹で骨組みを作るのは大人たち。




玄関先に出されたお正月飾りなどを集めてきたものを、燃やすもの燃やせないもんを仕分けるのは大人と子どもも一緒に。
その後、骨組みに飾ってくの。




子どもたちも飾りつけのお手伝い、めっちゃ楽しそう。




凝り出すとやめられない子どもたち、この後も延々飾りつけしてたよ〜。だるまさんの上にミカン置いてみたり。導火線を加えてみたり。




点火は夕方。その頃にはあぶって食べる繭玉団子も用意されて、わいわい楽しく盛り上がるはずー!

夕方は残念ながら他の用事があって見れなかったけど、にぎわいは目に浮かぶよ〜。

この春で2年間任期の地区行事の役員さんが終了。ちょっと大変なこともあったけど、そのおかげで地域の人たちとも知り合えたし、行事の準備などでこの土地の文化にも触れれたし、いろいろ実り多かった。役員さんたち、いい人たちだったし、今では終わるのがちょっと名残惜しいかなー。引っ越して来て間もなくまわって来て初め戸惑ったけど、早めにやってみてよかったかもー!



 
[安曇野のまいにち]
comments(0) : trackbacks(0) :  : 

スポンサーサイト

[-]
- : - :  : 

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://enimabok5.jugem.jp/trackback/1177